So-net無料ブログ作成
検索選択

不寛容が覆う・・・ [日記]

2010年も早いもので残すところ、あと半分です! “時は金なり”、時間を大切に使いましょうね♪

 ところで少し前の東京新聞にいろいろと考えさせられる論説があったので、ここに掲載しておきます。皆さんはどう感じられるでしょうか?

『不自由を常とすれば、不足なし』

 そんな徳川家康の言葉がありますが、これを意識すれば世の中も少しは良くなるのかな。便利すぎる世の中ゆえ、我慢出来ない人が増えているという歪みは如何ともし難いのかな?


以下、東京新聞(10/6/9付)の論説です。


『不寛容が覆う日本の将来』東京新聞2010年6月9日
 
電車が突然止まった。どこかで誰かが線路に飛び込んだらしい。人身事故を知らせるアナウンスに車内がざわつく。乗客が一斉にケータイを取り出し、先方に「遅れる」と連絡を入れ始めた。電話やメールのやりとりに交じり、舌打ちやため息が漏れ聞こえてきた。
 いつから日本人はこんなに不寛容になったのだろう。のど元に刺さったトゲのように、人の死にさえ顔をしかめる不寛容が社会全体を覆っているようだ。失敗や挫折、過ちを決して許さない。そんな苛烈(かれつ)な社会のパワハラに追い込まれ、自ら命を絶つ犠牲者は毎年三万人を超えている。
 四年間で四人の首相が交代した。確かに、トップリーダーとしての資質の欠如は国を危うくする。課題山積の日本なのだ。即座に結果が出なければ当然、お払い箱である。ただ、それは取りも直さず、日本人のこらえ性のなさの表れのようにも映る。生き牛の目をくじる成果主義が、リーダーをじっくりと育て上げるおおらかさを社会から奪い取っているかのようだ。
 横笛の人間国宝の宝山左衛門さん(88)は、かつてインタビューで「音に本当に精神が乗るのは六十五歳をすぎてからです」と語ったという。戦後日本にはどんな魂が宿るのだろう。死にゆく人が生まれる人より多い時代だ。せめて、人の死を悼む寛容を取り戻せれば、もう少し生きやすい社会になるのかもしれない。」




あ!
アメブロ『鰻に魅せられて』もよろしくです、毎日更新です☆

nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

うなぎの赤ちゃん☆☆☆ [うなぎの飼育♪]

[ぴかぴか(新しい)]再掲載[ぴかぴか(新しい)]

これまでこのSo-net blogで日記を書いてきましたが、
アメブロ(毎日更新♪)に集約していきますのでよろしくお願いしますね。
[ひらめき]『☆鰻に魅せられて☆』[ひらめき]
http://ameblo.jp/unax1974/




シラスウナギ1.JPG
うなぎ赤ちゃん、飼いはじめました。これで4代目かな?
シラスウナギ2.JPG
 これ、“シラスウナギ”(1匹/約0.2g、長さは5〜6センチかな♪)って言って、毎年12月から翌年4月末まで漁が解禁となり、養殖業者の方々はこれらを池に入れてあの、“ウナギ”に育てていく訳です。早いところでは5〜6ヶ月で200〜250g/尾のお馴染みのサイズまで育てちゃいます☆

ちなみに温度は26度に設定して、餌は赤虫(冷凍されたものを解凍)を上げてます。赤虫を水槽にいれた瞬間、
とてつもない、勢いで食いつきます!
シラスウナギ3.JPG
あ!

別に食用の為に飼ってませんよ!観賞用です 汗☆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今までありがとうございました☆ [日記]

メインブログはこちらへ移行☆


これまでこのSo-net blogで日記を書いてきましたが、
アメブロ(毎日更新♪)に集約していきますのでよろしくお願いしますね。


↓『☆鰻に魅せられて☆』
http://ameblo.jp/unax1974/


でも、ソネットブログオリジナルネタも書くけど[わーい(嬉しい顔)]


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。